超常現象file1.昔の音が何故聞こえる?

これは随分と昔の出来事です。

私が幼少の頃に住んで居た家は炭鉱住宅でした。

でも、炭鉱の街に住んでいたのではありません。

通称「ハーモニカ長屋」とか「タンジュウ」と呼ばれている炭鉱住宅用の

家屋を作るパーツを購入してきて建てたものです。

風呂は付いていません。トイレは外に作ります。飲み水は水瓶を使います。

台所の排水は、外壁を伝えて外に置いた樽に一度溜めてから下水溝に流すのです。

つまり、基本的に水回りの配慮は全くありません。

建てる場所を決めたなら、家屋の外枠に沿って土台となる石を置いて、

その上に家屋を乗せるのです。

部屋は居間と畳部屋の二間しかありません。

寝るときは、家族一緒に畳の部屋に頭を並べることになります。

家屋は木造建てで、冬は至る所から隙間風が入り込み身体を丸めて眠ります。

でも、夏は逆に夜の冷気が入ってくるので快適です。

それは、その家に住み始めてから一か月が過ぎた頃のことでした。

真夜中に、自然に目が覚めたのです。

ただ、目を開けて暗闇を見つめていたのです。

すると・・・・・・・

耳鳴りのように、大勢の人の話し声が聞こえてきたのです。

それと、水の流れる音・・・・・

時々、カラーンッという音が響き渡ります。

何の音だろう・・・・・?

そう思いながらも、また深い眠りに入ってしまいました。

そうして、翌日にはすっかり夢のように忘れてしまいました。

それからまた一週間位過ぎた頃でしょうか・・・・・

また、夜中に目が覚めたのです。

カラーンッ・・・・バジャーン・・・・・

ザーッ・・・・・

・・・・そうして、話し声です・・・・・

確かに聞こえる・・・・

音はリバーブ(残響)を伴いながら

確かに目の前の闇の中で木霊している。

何処から聞こえてくるのかしら・・・・・

私は、掌を畳に沿わせて感じとろうとしました・・・・・

そうして、分かったのです。

音は床の下から発せられて、この闇の中で反響しているのです。

・・・・でも、金縛りにあうような恐怖は感じません。

ただ、不思議だなぁと感じるのみです。

その日は、とうとう朝まで眠ることが出来なくなってしまいました。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート【FMテンプレート】

1年で1億円稼いだ~     一匹狼マーケティング戦略セミナー完全版~


ステップメールのアスメル

コンテンツSEO対策には最強と評される戦略的テンプレート「賢威7」。必見の価値、SEOマニュアルが付属!

10記事+αで上位サイトをゴボウ抜き【タクティカルアフィリエイト】 これからのアフィリエイトは、ロジカルに!したたかに!

2週間無料お試しでトライ

祝!! 第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞       

【初月月会費】会員制サイドビジネス講座 ファーストクラス