超常現象file2.掛け軸の絵が暴れる?

これから述べる出来事が、

誰の経験なのかは事情があって伏せます。

夫婦仲が急に悪くなったというのです。

兎に角、わけも分からずにイライラしてしまい、

相手に暴言を浴びせてしまうのだそうです。

このままでは離婚にまで発展しかねない状況なので

一度家に来て相談に乗ってほしいとのことでしたので、

片道1時間をかけてお伺いした次第です。

こちらのご主人さまは、大きな会社の60代の社長でいらっしゃいます。

敷地面積は400坪はあるでしょう。

其処に黒松や西洋シャクナゲ、ツツジなどの樹々がきれいに植えられています。

家屋は10部屋もあろうと思われる3階建て、

白すぎる壁は陽の光で輝いてまぶしいほどです。

一度で良いから、こんな家に住んでみたいものだと思いながら

玄関に入った時のことです。

ズズズッ~

ズズズッ~

シャーッ~

何だろう⁇

その時です・・・・

何と、立派な髭をたくわえた透明で巨大な龍がリビングの方から這い出てきて

目の前を通り過ぎて行ったのです。

私は恐ろしさで身がすくみ、その場から動けなくなってしまいました。

ただ、このことは私のほかには誰も分からないようです。

これは一大事です。

この家の中で、何か恐ろしいことが起こっているに違いありません。

恥ずかしい話しですが、私は家の中に入ることが出来ずに
早々に退散した次第です。

後に力のある霊能者を連れて再度訪問して、疑問がすべて解けました。

前日社長さまが、お祭り会場に行った際に、掛け軸を販売している香具師から

気に入った絵を買ってきたそうなのです。

絵には、墨で描かれた龍が今にも動き出しそうな迫力でとぐろを巻いています。

霊能者曰く

「この絵には魂が宿っており、龍の気分次第で掛け軸から這い出し

家の中を徘徊している」とのことです。

普通の人には見えなくても、個々の魂の部分で違和感を察知してしまい

イライラ感が起こってしまうとのことでした。

その後の対処はどうしたのか?

別の霊能者の手によって、この龍の魂抜きを行いました。

聞いた限りですが、掛け軸の裏側から読経の中、針でチクリと刺したとのこと。

信じる信じないかは、読まれた方の自由です。

別に信じていただかなければならない立場でもございません。

ただ、この儀式ののち、この夫婦は元の仲の良い状態となって

今も素敵な関係が続いています。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

祝!! 第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞       

1年で1億円稼いだ~     一匹狼マーケティング戦略セミナー完全版~


「いまから始める」Amazon初心者から成功の道へ

わずか3ヶ月で1000万!-実際に稼いだものから聞け!