超常現象file3.あの世は確かに存在する

朝もご先祖様に手を合わせてご飯と水とお茶をお供えし、読経いたしました。

特定の宗派を信仰しているわけではありませんが、
ご先祖さまから受け継いできたご仏壇に向き合うことが日課となっております。

お供えするときに、必ず思い出すことがあります。

それは父から聞いたことです。

父はY市の出身です。

今は漁業の街として全国に知られておりますが、
ひと昔前までは林業も盛んだったことが、郷土資料館を訪ねると
知ることができます。

実は父も、10代後半の頃には短期間ではありましたが樹々の伐採に
汗を流したそうです。

その日も数名で山に入り作業をしていたのですが、
昼近くになって樹の上で作業していた一人の中年男性が、
「あーッ」という声と共に地面に落下してしまいました。

打ち所が悪かったのか、その日から昏睡状態が一週間も続いたのです。

そうして、明け方に目覚めて最初に発した言葉が、
「お願いがある」でした・・・・

訊くと、樹の上から地面に叩きつけられる少しの間に
沢山の人に話しかけられたと言うのです。

お坊さんや子供、老人や兵士・・・・

皆、自分に近寄ってきて一生懸命話しかけてくるのですが、
一度に大勢で話すものだから、真剣な表情以外
ほとんど話しの内容は覚えていません。

ただ一人の若い女性の話し以外は・・・・

「私はO市の駅裏の官舎に住んでいる〇〇〇〇の娘の〇〇〇です。

不治の病で20歳を目前に亡くなってしまったのです。

もっと生きたかった・・・・

お願いがあるのですが、是非聞いて欲しい。

私の両親は、全く信仰心のない人達で、

仏壇のご飯も水も全然替えてくれないのです。

ご飯は固くなり、カビが生えています。

私は毎朝、賽(さい)の河原の水にご飯を浸して柔らかくして

カビを指で落としてから食べるしかありません。

どうか、私の両親に伝えていただいて、毎朝ご飯を替えてくれるように

お願いして欲しい。」

それを聞いた人たちは一様に驚いたのですが、
あまりにも本人が自分の代わりにその両親に伝えて欲しいと懇願するもので、
父とその兄が代表して行くことになったのです。

Y市からO市までの道のり約30㌔、
そこを馬車で向かうのですから1日がかりです。
それも、到底信じられない内容のために・・・

O市の駅裏の官舎はそれ以外の建物がほとんどなかったので
直ぐに分かったそうです。

そうして、其処に行ってみると
・ ・ ・ ・ 驚くことに聞いたとおりの〇〇〇〇と書かれています。

「ごめんください。」

声をかけて出てきた方は痩せて疲れた様子の初老の男性です。

とにかく、その方に話しの内容を伝えるしかありません。

話しを聞くうちに、その男性の表情が硬くなり、
そうして唐突に涙を流し始めました。

「これを見てください。」

隣の部屋に備えられている仏壇には、確かにカビの生えたご飯が在った。

「私が悪かった。

許してください。

これから、毎日ご飯は替えます。」と言ったそうです。

このことを樹から落下した人に伝えると、娘さんとの約束を果たせたことで
安心したと喜んだそうですが、名前も住んでいる所もご飯の状況も、
全てが一致していたのですから・・・・不思議な話しです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

祝!! 第15回『このミステリーがすごい!大賞』優秀賞受賞       

1年で1億円稼いだ~     一匹狼マーケティング戦略セミナー完全版~


「いまから始める」Amazon初心者から成功の道へ

わずか3ヶ月で1000万!-実際に稼いだものから聞け!